内職のバイト

時給が良いというイメージはありませんが、自宅で仕事ができるので小さな子供がいる人でも挑戦しやすいお仕事の一つに、内職があります。
内職と言ってもその種類は多く、まるでガテン系なお仕事もあれば、クラフト系の仕事まで、幅広い種類があります。
どの仕事も、内職は働いた時間級でお給料を受け取るわけではなく、作業の量によってお給料が決まります。その為、集中して短時間で仕事ができる人なら、短時間でもまとまった金額を稼げるのではないでしょうか。

ガテン系内職

a0002_011081ガテン系の内職には、街頭でのチラシ配りや、マンションやアパートなどのポストにチラシを投函するポスティングのお仕事などがあります。
アウトドアなお仕事なので若い人が挑戦することが多いのですが、主婦でも外で仕事をするのが好きという人なら、ぜひ挑戦してみるのも良いかもしれませんね。
このタイプのお仕事は、家の中で仕事をするわけではないので「内職」というよりは「外職」というほうがピッタリな感じもしますが、ほとんどが日払いでお給料をもらえるので、今すぐにお金が欲しい人にもおすすめです。

クラフト系内職

自宅でクラフト系のモノづくりを行う内職は、主婦にはピッタリのお仕事がたくさんあります。
雑誌の付録を作ったり、お守りなどを作ったり、布を利用したサンプルづくりをするなど、手先が器用な人なら楽しく仕事ができる内職もたくさんあります。
また、カレンダーを丸めて包装紙に入れるような包装系の内職も年末年始にニーズが高くなるお仕事ですね。

内職のメリットは、何と言っても自宅で仕事ができること。子供が小さくても自宅でなら作業時間を確保できますし、子供の学校がお休みの時でも働くことができますから、育児と両立できる仕事を探している主婦にとっては、ぜひおすすめです。
コツコツと集中して作業できる人なら、月に数万円の収入になることも少なくないのだそうです。

内職でも、一つの単純作業のみを行うタイプの内職よりも、いくつかの部品を組み立てるような、複数のプロセスをこなすタイプの内職のほうが単価は高く設定されている事が多いようです。
カレンダーを丸めてビニールに入れるだけの内職よりも、ボールペンの部品を組み立ててボールペンを作る仕事の方が、単価は高いということですね。

ワンポイント

隙間時間を利用しながらコツコツと働ける内職は、集中力がない人や飽きっぽい人にはあまりお勧めではありません。
内職のお給料は成果物に対して支払われるので、ダラダラとテレビを見ながら仕事をしていたりすると、働いても割に合わない金額しか稼ぐことができないことも少なくありません。
自分の趣味や特技、性格などを生かしながらピッタリの内職を見つけることも、楽しく働いてまとまった金額を稼ぐ秘訣と言えるでしょう。