試食キャンペーンスタッフ

試食品を提供する仕事

試食キャンペーンスタッフの仕事内容としては、飲食品会社の試食品をお客様に提供する仕事となります。
スーパーで試食販売している人がいますが、これも試食キャンペーンスタッフの一環です。

通常募集しているのは、このようなものではなく、ショッピングセンターやスーパーでひたすらお店に来ているお客様に試食品をいかがですかと声をかけるのが仕事です。

ノルマなどはありませんが、それなりに大変な仕事でもあります。

仕事について

試食キャンペーンスタッフでは、お店に行って、そこで試食品の提供を行います。
食品の場合もありますし、飲料の場合もあります。
冷凍食品などもあったりして、試食キャンペーンスタッフが扱う物は様々です。

とにかく近くを通るお客様に対していかがですかと声をかけるのが仕事の中では大半を占めます。
興味を示したお客様に試食品を渡すのです。

仕事内容は単純なので覚えることは少なく、すぐに仕事を始められます。
バイトの単価が高いので1日でも多くのお金を稼げます。

試食キャンペーンスタッフの仕事を探すなら、タウンワークなどのフリーペーパーやバイトサイトなどで探すと募集があります。
仕事を始めるのにお金はかかりません。
時には、仕事が終わるとその試食品をもらえたり、安く買うとも出来ます。

試食キャンペーンスタッフのメリットとデメリット

・メリット
1日で稼げる金額が多いです。
日給8000円以上と設定しているところも多く、都内ならそれ以上の金額のところもあります。

仕事内容は簡単で覚えやすいです。
試食品がお菓子などなら、余ればもらえます。

・デメリット
基本的に立ちながらお客様に声をかけることとなりますので、1日中立ちっぱなしです。
立ちっぱなしで声も多い声を出さないといけないので体力は必要です。
足が痛くなったり、喉が痛くなることもあります。

時々会社の人も見に来ることがあるので、気は抜けないです。

声をかけてすすめないといけないですが、最初は緊張するかもしれませんし、いくら声をかけてもまったく相手にされない場合もあります。
いつまで経っても誰も見向きもせず興味も示さないような場所だと、精神的に大変かもしれません。

仕事でのポイント

仕事では、試食品を食べてもらうのが目的ではなく、試食品を食べてそれが美味しいと感じてもらい、製品の売り上げに繋げることです。

そのために、試食品を勧めるときは「美味しいですよ」などという声かけを、食べてもらったときは「美味しいので是非買って下さい」という声かけがあると良いです。

試食品を多くさばければ報酬アップしてくれることもありますので、上手くお客様の心を掴むコツがあると良いです。