コンビニのバイト

全国あちこちにたくさん存在しているコンビニは、主婦のバイトでも大人気。自宅のすぐそばで働きたい人にとっては、比較的見つけやすいお仕事なのではないでしょうか。
 

コンビニバイトに求められる主婦力

a0002_001233
コンビニのバイトは、レジ打ちや品出しの仕事がメインとなります。
長く勤務していたり、仕事に慣れてくれば、商品の発注業務をまかされることもありますし、店内試食に力を入れている店舗なら、デモンストレーションを担当することも可能です。
 
コンビニのバイトは、コンビニが忙しくなる時間帯によってたくさんの業務にフレキシブルに対応しなければいけません。
若い学生バイトだったりすると、マルチタスクがキツイと感じることも多いようですが、ふだんから多くの家事を臨機応変にこなす主婦にとっては、フレキシブルに対応することはそれほど難しくないようです。

多岐にわたるコンビニの仕事

コンビニで日中働くバイトでは、レジ打ちがメイン業務となります。商品購入の際のレジ打ちだけでなく、公共料金の支払いや宅配便の取り扱い、さらにネット商品の受け取りなど、一般的なレジ打ち業務以外の業務を行うこともあるようです。
通勤時間やランチタイムには、レジの前に長蛇の列ができてしまうほど忙しくなることも多いので、テキパキとスピーディに仕事をこなせる人に向いているのではないでしょうか。
 
日中には接客業務がメインですが、深夜タイムになると来客は一気に激減します。
お客さんが来ないからと言ってまさか仮眠を取るなんてことができるはずもなく、深夜タイムのバイトは、接客をこなしながら商品の品出し業務を行うことも多いようです。
コンビニでは慣れないバイトでも分かりやすく品出しができるように、一つ一つの商品や陳列が工夫されています。単純作業になりますが、どんな商品が販売されているのかに興味がある人にとっては、楽しくこなせるお仕事なのではないでしょうか。
 
コンビニのバイトでは、発注業務もあります。発注業務とは、シーズンや気温などを考えながら、売れそうな商品を発注するというお仕事。
店長が行う場合もありますし、周辺地域で生活している主婦バイトの声を聞きながら発注するというコンビニも多いようです。
自分自身が発注に加わった商品がお店に並び、それを購入する人達を見ると、バイトでも大きなやりがいと達成感を感じることができるようです。
 
接客業に始まり、商品管理やマーケティング的な仕事までがコンパクトに凝縮されているコンビニのお仕事。地域密着型のコンビニなら、主婦という立場を最大限に生かしながら働けるのではないでしょうか。