ポイントを楽々貯めるコツ

共通ポイントカードを使う

ポイントは色々なお店で行われているサービスですが、そのお店のみのサービスポイントだとなかなか貯まりません。
そこで効率よくポイントを貯めるなら、多くのお店で使えるポイントカードで支払いを行うことであり、そのようなカードを使います。

そして何を目的にポイントを貯めるかです。
賞品との交換を目的とするのか、それともキャッシュバックを目的とするのか、またはマイルを貯めたいのかなどの目的をはっきりさせましょう。

どのお店でも使えるポイントカードならクレジットカードがおすすめであり、ポイント還元率が高い方が良いですが、年間100万円や200万円程度の利用額だと、還元率は大して変わりません。
年会費無料で使いやすいと思うのを選ぶと良いです。

またその他のポイントカードとしては、nanacoやTカードがあります。
これらのポイントカードもコンビニやスーパーなど多くのお店で使えますので、これで支払いを行えば、自然とポイントが貯まります。
ポイントカードでポイントを貯めるなら、出来るだけ1枚のカードを使い、それでポイントを貯めると多くのポイントが貯まります。
何枚もポイントカードを持つのは得策ではありません。

2重取り

カードによってはチャージして使うようなポイントカードもあり、そのようなカードはチャージと支払いでそれぞれポイントが加算されて2重取りが出来ます。
電子マネー機能のあるようなカードがそれであり、そのようなカードを使うと多くのポイントが貯まります。

その他にもお店によっては特定日にはポイント加算率が2倍になるようなサービスデーや、カードによっては毎年の継続会員やカード入会時にポイントが加算されるもの、誕生日や特定の日や月は加算が2倍になるものなどもあります。
ただしカードによってはチャージはポイント加算外、となる場合がありますので、そのカードの加算条件を調べておくと良いです。

毎月の固定費を支払う

もしもクレジットカードを使うなら、固定費を支払えるようなカードを使うべきです。
そのようなクレジットカードでポイントが付与されるサービスがあれば、毎月自動的に固定費分のポイントが加算され、いつのまにか多くのポイントが貯まります。
残念ながら家賃をクレジットカードで支払えるような不動産はあまりないですが、その他のプロバイダー料金やスマートフォンの通信費や光熱費は、クレジットカードでも支払えるので、クレジットカード払いにしておくと良いです。

またクレジットカードを持てないと言う人は、その代わりにデビットカードを使うと良く、デビットカードでも利用額の0.2%ほどはキャッシュバックとして還元されるので、多少はポイント還元のようにはなります。